メソセラピーと脂肪吸引の違いは?

ホーム > メソセラピーと脂肪吸引の違いは?

メソセラピーと脂肪吸引。
どちらも美容整形クリニックで受けることができる「体の脂肪を無くす痩身術」ですが、施術方法や仕組みはかけ離れていて、一概にどちらが良いとは決めることはできません。このページではメソセラピーと脂肪吸引にどんな違いがあるのかをご紹介します。

脂肪吸引について

美容整形クリニックでの痩身術で一番メジャーである脂肪吸引は、脂肪を物理的に取る手術なので、受けるとなると肉体的にも精神的にも大きな負担が生じます。部分/全身麻酔をかけ、体にメスを入れての施術は脂肪吸引中の痛みはもちろん、脂肪吸引後の腫れや痛みも大きな心配事になります。また、周囲に気付かれないように長期の休みを取って家に引きこもったりと、周囲への気遣いも考慮しなければなりません。施術にあたりの料金も高く、250,000円〜800,000円もの費用がかかってしまうため、気軽に受けることができないのがネックです。

メソセラピーが選ばれる理由

これらの脂肪吸引でのデメリットはメソセラピーにはほとんど当てはまりません。メソセラピーでは医療用注射針の中でも最も細い27〜30ゲージ程度の針で薬剤の注入を行いますし、腫れの具合も虫さされ直後のような程度です。(ただし、頬や顎は腫れが目立つ場合があります)注射後の痛みは緩い筋肉痛が続く感じですので、仕事や人付き合いへの影響はほとんど無いと言えます。また、一度に多くの脂肪が溶解されるわけではなく、ゆっくりと日をまたいで溶解されていくので、脂肪吸引のように部分的にでこぼこしてしまったり、急激な変化もなく周囲に気付かれてしまう心配もありません。そして実際の費用もメソセラピーでは15,000円〜50,000円程と割安なので、ちょっと試しに・・・と気軽に行ける程度です。

これらの点を考慮し、多少のお金がかかってでもすぐに痩せたい方は脂肪吸引。体への負担を抑えながら徐々に痩せたい方はメソセラピーが良いと言えるでしょう。いずれの場合にも、受ける前にはよくクリニックドクターと話し合うことが大事です。